レスポンシブWEBデザイン対応のスマホサイト作成ツール「レスポンシブメーカー」を徹底解剖します。

ご存知ですか?せっかく作ったあなたのPCサイト、約8割のユーザーが訪問後に途中離脱している可能性があります!

スマホでHTMLサイトを閲覧する人

こんにちは。ネットビジネス案内人「ヲタスケ」です。

ところで、あなたはこんな悩みを抱えていませんか?


  • スマホで表示するとサイトの字が小さすぎて見えない
  • スマホで表示すると横スクロールと縦スクロールを使わないと見渡せない
  • スマホからのユーザーもページ滞在時間が短すぎる
  • 作成したホームページやサイトにアクセスがない
  • サイトからの売り上げがさっぱり上がらない
  • HTMLの知識不要で簡単にスマホ対応する方法が知りたい
  • スマホ対応のHTMLサイト作成ツールを探している

レスポンシブメーカー

そんな悩みを持つあなたに朗報です。

誰でも簡単にレスポンシブWEBデザイン対応のHTMLサイトを作成できるツール

「レスポンシブメーカー」がついにリリースされました。

レスポンシブメーカーの公式ページを確認したい方はこちらをどうぞ

>>レスポンシブメーカーの公式ページを確認してみる

 


国内のスマホ普及率は65%。今後ますますスマホ、タブレットユーザは増えていきます。

 

今、全世界で空前のスマホブームが起きています。

あらゆる地域、あらゆる時間からスマホ経由でのインターネットアクセスが増えてきており、当然、あなたが作成したサイト、そしてこれから作成するサイトにも当然スマホ、タブレットからのアクセスが増えていきます。

内閣府が発表したスマホユーザーの増加を示すグラフをご覧ください。

 

<2016年4月現在、日本国内における世帯別スマホ所有率>

スマホユーザーが年々増えてきていることを示すグラフ

これを見てわかるとおり、スマホ所有率は増加傾向にあり、PC所有率さえも上回る、とさえ言われています。

 

あなたのPCサイトはまだプレーンHTMLですか?

 

今後はPCサイトからのインターネットアクセスよりもスマホやタブレットからのアクセスの方が増えていくことになりますし、実際にそうなりつつあります。

 

これは私が保有するサイトのOS別アクセス解析ですが、よく見てください。

<PC、スマホ、タブレットからのアクセス(99.2%)>

PCサイトのOS別アクセス解析

 

PCからのアクセスが99.2%で携帯からのアクセスが0.8%です。

しかし、このPCにはiPhoneやAndroidといったスマートデバイスも含まれます。

デバイス別に見たアクセス解析は以下のようになります。

 

1位:iPhone(61.3%)

2位:Android(24.9%)

3位:Windows7(5.3%)

4位:Windows10(2.7%)

5位:Windows8.1(1.9%)

6位:その他(3.6%)

 

 

なんと!ガラケー以外のアクセスで見るとスマホからのアクセスは85%以上。

逆にWindowsPCからのアクセスは15%以下にとどまりました。

 

もはやPCサイトはスマホサイトにとって代わられていると言っても過言ではありません。

 

スマホ対応していないサイトを読んだことがありますか?

非常に読みづらいし、イライラしませんか?

 

もうユーザーはスマホからネット注文するのは当たり前です。

以前と比べてオンライン決済に対する抵抗感もありません。

子持ちママはなかなか外に出かけられないので、スーパーで買い物をせずに、ネットショッピングで買い物をします。

(私の妻は毎週、スマホから西友ネットスーパーで注文しています。もちろんショッピングサイトはスマホ対応表示です。)

 

読まれるサイト、検索エンジン上位表示を量産するサイト。それがレスポンシブメーカー

 

さて、いかがでしたか?

 

あなたのサイトが読まれない理由。

 

そして、あなたのサイトからモノが売れない理由がお分かりになられたのではないでしょうか?

 

あなたのサイトはスマホ対策を行っていないが故に、約8割以上のユーザを逃がしてしまっている可能性があるのです。

 

どんなにライティングスキルを磨いても、奇麗な画像を配置しても、魅力的なレビューをしても、

読まれなかったら全く意味がありません!

 

確かにサイト作成ツールは確かにたくさんあります。

 

でも、レスポンシブWEBデザイン対応でスマホサイトも作ることができるツールはあまり出回っていません。


あの、SIRIUSでさえ、追加テンプレート(すでに販売停止)を導入しないとレスポンシブWEBデザインにはなりません。

上位版で、かろうじてiPhoneサイト生成機能が付属しますが、レスポンシブWEBデザイン対応のHTMLで作るわけではありません。

また、ワードプレスや無料ブログといった記事更新型の大型サイトはレスポンシブWEBデザイン対応になっているものの、大量に作成するペラサイトや5~6記事の中小規模サイトを作るツールはあまり出回っていないのが実情です。


 

そこで「レスポンシブメーカー」の登場、というわけです。

※当サイトも「レスポンシブメーカー」で作成しました。

 

レスポンシブメーカーの特徴

 

レスポンシブメーカーの特徴は、なんといってもレスポンシブWEBデザイン対応であること。

スマホで表示した時のレイアウトがすっきりとしていて、とてもキレイです。

以下、箇条書きで特徴を述べます。

  • 立ち上がりや各種操作も軽く、とにかくサクサク動く。
  • インストールタイプではないので、持ち運びも自由自在。
  • 機能も極限まで絞り込んだ最低限の機能だけが提供されるので使い方も簡単。
  • シンプルだからマニュアルは不要です。(一応用意されていますが)
  • ライセンス数無制限で、複数台のPCに入れることができるので、

    DropBoxやGoogleDriveといったクラウドのストレージに入れて複数PCでの共有化も可能。

  • だから、記事の外注管理をしている場合や複数人でサイトを運営している場合なども、

    各人のPCから一つのサイトを更新するということが可能。

  • その他、プレビュー機能があるので表示結果を見ながらサイトを修正できる。
  • FTP機能で楽々アップロード可能。
  • Ping送信機能で更新結果をサーバに通知できる
  • Android、iPhone、各種タブレット端末など、あらゆるデバイスでの表示がすっきりとしていてキレイ

 

レスポンシブメーカーによるサイト作成方法

 

レスポンシブメーカーで使う画面はたったの5つ。非常にシンプルです。

 

1.レスポンシブメーカー起動直後のサイト管理画面

レスポンシブメーカー起動直後

2.新規サイト作成時のサイト情報編集画面

レスポンシブメーカーサイト情報編集

3.メニューリンク(グローバルメニュー)登録画面

レスポンシブメーカーメニューリンク作成

4.フリースペース編集画面

レスポンシブメーカーフリースペース作成

5.記事編集画面

レスポンシブメーカー記事編集画面

 

記事の作成中はプレビューボタンでサイトの出来栄えを確認しながら作業し、最終的にFTP機能で作成したサイトをサーバーにアップし、最後にPing更新通知ボタンでサーバーに更新を知らせます。

レスポンシブメーカーのプレビュー画面表示ボタン

 

レスポンシブメーカーのメリット

レスポンシブメーカーのメリット

◯格安なレスポンシブWEBデザイン対応サイト作成ツール

◯シンプルで直観的な操作でサイトが簡単に作れる

◯あまり出回っていないツール。だから差別化できる。

 

 

 

レスポンシブメーカーのデメリット

レスポンシブメーカーのデメリット

×シンプルゆえ、機能が少ない

×ヘッダー画像を挿入する場合は画像加工が必要

×デフォルトデザインは非常に素っ気ない

 

 

 

レスポンシブメーカーに向いている人

  •  サテライトサイトなどを量産するアフィリエイター
  •  スマホからのアクセスをターゲットにしたサイトを運営する人
  •  難しいHTMLの知識なしで簡単にサイトを作りたい人
  •  SIRIUSの購入を検討しているが、レスポンシブWEBデザイン対応ではないことに懸念を抱いている人
  •  ちょっとSIRIUSは高いな、と感じている人
  •  お手頃な価格のサイト作成ツールを探している人

レスポンシブメーカーに向いていない人

  •  ワードプレスなどのブログ記事更新でページ量産する人
  •  動画や画像を多用してきらびやかなサイトを運営したい人

 

SIRIUSとレスポンシブメーカーの比較

さて、ここではサイト作成ツールとして有名なSIRIUSと比較したメリット・デメリットを紹介したいと思います。

 

まずは、比較表をご覧ください。

 

SIRIUSとレスポンシブメーカーの比較表

 

ご覧いただくとわかるとおり、PCサイトで表示したときの見た目の良さや、画像加工機能については圧倒的にSIRIUSに軍配があがります。

 

ただし、スマートフォンデバイスについては、レスポンシブWEBデザインに完全対応している、レスポンシブメーカーの方が優れています。

 

SIRIUSはあくまでも、iPhone専用サイトを別HTMLで作成するイメージなので、あらゆるデバイスに対応できているわけではありませんし、このiPone専用サイトは通常版よりもさらに高額な上位版でしか生成できません。

 

それに対してレスポンシブメーカーは、決して派手さはありませんが、サイト作成ツールとして必要な基本機能を一通り装備しつつも、価格的にはかなりお安いツールであるということがお分かりいただけると思います。

 

レスポンシブメーカーの感想

サイト作成ツール「SIRIUS」

 

今や、アフィリエイトサイト作成ツールの王道と言われる「シリウス」。

 

しかし、このSIRIUSサイト。

 

あまりにも世の中に氾濫し過ぎて、「もう飽きた」とか「ああ、またアフィサイトね」などと、どこかで見たことのあるデザインに辟易しているユーザがいることも事実です。

 

先日、実績のあるアフィリエイターさんとお話しする機会がありましたが、販売当初はSIRIUSでサイトをたくさん作っていたけど、スマホ対応でていないことから、ワードプレスなどのレスポンシブデザイン対応ツールを使うようになったと聞いています。

 

でも、一枚ものの販売ページや数記事だけのアフィリエイトサイトをたくさん作るのに、ワードプレスをインストールするのは手間がかかり過ぎです。

 

軽くてサクサク動いて、簡単にサイトを作ってアップできるレスポンシブWEBデザイン対応のHTMLツール。

 

そんなツールはないかと探していましたが、ついに見つけたんです。

 

それが「レスポンシブメーカー」でした。

 

最近、サテライトサイトをたくさん作ったり、キーワードマーケティングで試験的にサイトを作ってアップすることが増えてきていますので、私にとっては片意地を張らずにサクサク作れるレスポンシブメーカーが丁度いい感じです。

 

また、ツール自体をシリウスなどのようなインストールタイプのソフトではないので、GoogleDriveに入れて、自宅で作成したサイトを事務所で修正してアップする、といった「どこでもツール」として重宝しています。

 

これだったら、外注さんにレスポンシブメーカーでアップしてもらった記事を直接修正する、などといったことも可能ですよね。

 

レスポンシブメーカーの特典

 

レスポンシブメーカーで使えるオリジナルショートコード集

レスポンシブメーカーのショートコード

 

ヲタスケが簡単に文字装飾できるショートコードと、使い方のマニュアル集をプレゼントします。

 

<ショートコード一覧>

囲み線付きブレッド

囲み線(実線、点線)

購入者の声

レスポンシブメーカーに私のショートコードを貼り付けるだけで、簡単に綺麗なサイト装飾ができるようになります!

 

レスポンシブメーカーで使えるヘッダーバナー画像集

レスポンシブメーカーの画像ヘッダー特典

レスポンシブメーカにもともと付属するヘッダー画像とは別に、さらにバリエーションを増やすためのヘッダー画像を用意しました。

 

レスポンシブメーカーのヘッダー画像文字入れマニュアル

レスポンシブメーカのヘッダー画像文字入れマニュアル

ヘッダー画像に文字入れを行うためのマニュアルを用意しました。

実は画像に文字入れするのは無料ツールを使用すれば簡単にできます。

その方法をマニュアルにてお伝えします。

 

レスポンシブメーカーで作成したサイト診断

レスポンシブメーカーサイト診断

ヲタスケがレスポンシブメーカーで作成したサイトを3サイトまで診断致します。

デザインに関すること、SEOに関すること、ライティングに関すること、など何でもご相談ください。

 

レスポンシブメーカーの特典受け取り方法

 

当サイト経由でレスポンシブメーカーをご購入いただいた場合には上記特典を全て差し上げます。

ただし、決済ページにて下記の表記がない場合は特典を受け取ることができませんのでご注意願います。

レスポンシブメーカーの特典

レスポンシブメーカーの購入

 

レスポンシブメーカーに関するお問い合わせ

もし、レスポンシブメーカーに関して、不安なこと、聞きたいことがございましたら、何なりとお申し付けください。

レスポンシブメーカーの1ユーザーとしての意見やアドバイスを致します。

>>レスポンシブメーカーに関するアドバイスを受ける

 

追伸

もし、あなたがレスポンシブWEBデザイン対応ではないツールでサイトを作っていたら、今すぐ手を止めてください。

レスポンシブWEBデザイン対応でない、ということは現在の状況では「読まれない」ということと等しいです。

今すぐ「レスポンシブメーカー」を手に入れ、ライバルと差をつけましょう。

ヲタスケより